内向的な人に知ってもらいたい、内向的な人の強み


私は、長い間、内向的な自分の性格を恥じていました。

生きづらさを感じていました。

外交的な人をうらやましく思っていました。

誰とでも仲よくでき、初対面でも話せ、世間話を延々と続けられる。

内向的な自分の性格に散々悩んだあげく、今になって思うことは、内向的な人間でよかったということです。

なぜなら、外交的人間は、どうでもいい話を延々とし、洞察力が低く、理解が浅く、人間的につまらないと感じるからです。

内向的な人の特徴をあげていきます。

  • ひとりの時間が必要
  • ひとりでいると安らげる
  • 観察するのが好き
  • 細かい点によく気が付く
  • 一対一の内容のある会話が好き
  • 数は少ないがとても親しい友達がいる
  • 集中力を長く持続できる
  • 無駄な会話が嫌い
  • 夢、希望、生きがいなど本当に重要な話をするのが好き
  • 話すより、書くほうが好き
  • チームプレイーが苦手
  • 1人で行動したほうが生産性があがる
  • 根本的なことを解明したくなる

考えすぎ。

なかなか行動におこせない。

という、欠点はあるものの、逆に行動力をあげたら、この洞察力と熟考は、すばらしい利点になることこの上ないと思ってます。

それと、人一倍孤独を感じ、人一倍考えてきたので、辛い状況に対する耐性はあると思います。

感じなくていい苦労や、恥ずかしい思いをいっぱいしてきて、ナイーブになることも多々あったと思いますが、この経験が後々ものすごく生きてきます。

今まで散々物事に動じてきたので、物事に動じなくなってきます。

外交的なフリをするとか、雑学を覚えて話せるようにするとか、話し方の勉強をするとか、テクニックを勉強するんじゃなくて、あるがままでいよくて、自分に誠実に行動していったほうがいいと思います。

下手な話し方でも、熱意があれば、心ある人には、話が通じます。

みんなに認めてもらえなくても、分かる人に分かってもらえれば、十分じゃないでしょうか?

と、思ってます。

学生の間は辛いかも。

というのも、交友関係が狭いからです。

学校や地域の限られた中だけだと、話せる人に会えないかもしれません。

でも、世の中は広い。

心から話せる人は、同い年でなくても、住む場所が違っていても、職業がちがっていてもいいわけです。

今までがひどい人生だったとしても、これからが、同じ人生だとは限りません。

内向的な人は、創造的です。

ぜひ、行動に移してください。

きっと、色んな事が変わっていきます。

コメント