わたしの困りごと「朝、保育園に行けない」への療育の先生の答え


次男は年長さんになってから月に1回療育に通っています。

7月は月初に行ったので、ほぼ2ヶ月ぶりの療育でした。

50分の面談のうち、最初の30分はこどもが先生とゲームをしたり、絵本を読んでこどもと関わり、その後の20分は保護者の私と先生とで、こどもの普段の様子やお困りごとに対して話をします。

先生に「今日の様子を見てどう思いましたか?」「最近困ったことはありますか?」と聞かれました。

実は今朝起きれずに保育園に行けなかったんです。

療育に行く前の晩、私がパソコンで調べものをしていて、気が付くと10時半を回っていました。

その間、こどもはユーチューブを見ていました。

慌てて、こども達に歯を磨かせベットに連れて行きましたが、ユーチューブで視覚と脳に刺激を受けていた子どもたちは、案の定なかなか寝つけませんでした。

お盆休みにすっかり遅寝が身に付いてしまったのもありました。

早寝がいいこと、寝る前にユーチューブを見せるのは良くないと、分かってはいるんですが、ユーチューブを見せるとこどもたちが静かにしてくれるので、ついさせてしまいました。

翌日、療育は午後3時からでした。

朝はいつもどおり保育園に行かせ、午睡後に療育に連れて行く予定でした。

でも、前日なかなか寝付けなかったこどもは、どんなに揺らしても起きませんでした。

9時を過ぎて、やっと起きたこどもに、

「今日はおやすみでいいよ。おかあさんは、お仕事があるから、家でお留守番してて」と伝え、

あさごはんと飲み物を用意して、しまじろうのワークをすること、ワークをしたらゲームしていいよと伝えました。

本当は保育園に行かせたいし、こどもには、時間通りにやるべきことをやらせたい。

9時出勤の会社に、私も遅刻せず に行きたい。

これ以上仕事に遅れたくないので、こどもには保育園を休ませてしまいました。

このことを話して、先生に言われたのは、

「病気でないときは、遅れてもいいので保育園に行かせてください」

ということでした。

「こどもに合わせず、親が主導権を握ってください」

と言われました。

本当に、おっしゃるとおりです(>_<)

「今、この小さいうちの年齢なら行動の修正もしやすいです。これが中学生になったら修正するのが難しくなります。今、問題が分かってよかった。今のうちなら直せます。そう思って頑張ってください。」

この言葉に「本当にそうだな」と思いました。

以前も思いましたが、発達障害を助長しているのは自分なんですよね。

親である自分が「主導権」を持って、将来こどもが困らないようにしないといけません。

この日の療育は、こどもの為の療育というより、私の為の療育でした(>_<)

この日は療育3回目でした。

こどもが先生に慣れたせいか、緊張感が抜けだらっとして、全然いい子じゃありませんでした。

先生の話を最後まで聞けなかったり、ゲームのルールを守らなかったり、あいさつができなかったり。

落ち着きがなく、わざと間違えたりして、真剣に取り組んでいませんでした。

出来るのにしようとしない様子を、横で見ていて、「ちゃんとしてよ!」と思いました。

家に帰り、今日先生に教えてもらった曜日の復習をしました。

「今日は何曜日だっけ?」

ヒントを言っても答えを言っても、適当に返事して、覚えようとしません。

そのあと、トイレに間に合わず、廊下でおもらしをしてしまいました。

今までできたことが、できない。

やろうとしない。

心配になってネットで調べると「試し行動」というのが目に留まりました。

試し行動とは「自分がどんなに悪いことをしても親が自分を愛してくれる、親の愛情を確かめる行為」だそうです。

私は、こどもを愛しているし、普段から表現しているので、「試し行動」はうちには当てはまらないと思いました。

でも、これは、よくみられることで、愛されていないからする行動でもないと書かれていました。

そして愛情を言葉や行動で示していても、「愛されてるかを納得できる度合い」は、こどもによって違うとのことでした。

たくさん表現し時間をかけないと納得できない子もいるとのことでした。

うちも、そのタイプなのかもしれません。

愛されていることが実感できないと、大きくなって自己肯定感が持てなかったり、自傷行為や摂食障害につながるそうです。

直したいなら、本当に今この小さいうちなのかもしれません。

試し行動の対処するポイントは、

  1. 良いこと悪いことは、はっきり伝えること
  2. どんな行動をとろうと、私はあなたのことが大好きだと伝えつづけること

逆にしてはいけない行動は、

  1. 面倒になって、無視する(善悪をおしえられてない)
  2. 「もう知らない」と言って放置してしまう(こどもに疎外感を与える)
  3. うんざりした態度をとる(こどもに向き合わない)

こどもはまだ善悪が分かっていません。

親が教えるしかありません。

簡単なことなのに理解してくれなくて、イライラします。

朝時間がなかったり、夜も寝かせなきゃいけないので、ゆっくり時間をとれなかったり、何度言っても理解してもらえないと面倒になってしまうけど、忍耐強く繰り返すしかないんだと思います。

今が頑張り時なんだと思って、頑張らないと。

こちらサイトがとても参考になりました。

保育士や保護者を困らせる子どもの「試し行動」~原因と対処法~

 

コメント