願望成就に必要とされるリアリティ。現実におきていないことをおこったと思えるようにするには。


願望成就するには、「願いがすでに叶っている」思って、過ごすのがいいとされています。

でも、現実になってない願い事を、今リアルに感じるって、正直できないですよね。

なぜできないか?

それは過去に、自分がこうすると決めてできなかった経験が1度と言わず何度も繰り返されている記憶があるからです。

やってみたけど、できなかった。

→ やると決めたのに、続かなかった。

→ 自分は決めたことができない人間なんだ😞

そんなセルフイメージだとなかなか願望成就しません。

望みを叶えることができません。

そこで、その記憶を書き換えることで、そのセルフイメージを変えていきます。

「自分は自分の決めたことは100%できる」

というイメージです。

セルフイメージをあげる第一段階としてやることは、

簡単にできること、今すでにできていることを、自分でやると決めて、毎日やりことです。

例えば、

「歯を磨く」

「一日1回人にありがとうと言う」

「一日1回10秒でいいから、外に出る」

で、実際やったら、「自分で決めたことをできた」感覚を味わいます。

そして、ノートでも、スマホでも、記録していきます。

これを続けると、

「自分が決めたことはできる」というセルフイメージができあがってきます。

この「決めたことはできる」自分を持つことが大事なので、

最初はこけそうもないことをやります。

そして、徐々にハードルをあげていきます。

まずは、やってみて、体感してみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント