「家、ついてっていいですか?」に感動しました


昨日、テレビ東京の「家ついてっていいですか?」を見ました。

その中に、お寺さんの女性住職の方が子育てについて話をしていて、感動する言葉がありました。

急遽お寺を継ぐことになったその女性は、当時10歳だった娘にあまり構えず、仕事に熱中していた。

普通のお母さんのことができなかったそう。

でも、そんな母親を娘は、「カッコいい」と言っていた。

その女性住職の方は、

「こどもに、親の背中を見せて育てた。
正面切って言われたら、押し付けになるでしょ。
自分がちゃんとしていれば、こどものちゃんと育つ。」

最近、ニュースでは、ネットで知り合った子どもが、連れ去られ、監禁された事件の報道が続いています。

悩みがあって、ネットでやさしい言葉をかかえる大人についていってしまうのもわかるし、親がどうやって

そんなネットの世界のつながりを知りうるかもわからない。

また、連れ去る側の、引きこもりの大人たち。

こんな犯罪をしてしまう人たちに、心がやんで、そんなことをしでかさないか、うちの子がそうならないか、心配でした。

でも、ご住職の言葉に、「親の背中を見せる」「親がちゃんとしていれば、こどももちゃんと育つ」の言葉に、すごく説得力がありました。

何か犯罪にまきこまれたり、犯罪を犯す側にならない、最後の砦が親の態度、真剣にこどもと向き合っているか、ちゃんと生きてるか、なのかなと思いました。

私も、迷ってばかりではいけないと、思いました。

 

 

コメント