自分責めをやめて「ラク」になるには

Pocket

私はこの冬、ウツになっていました。

苦しくて、人に会いたくなくて、生きづらくて、先が真っ暗でした。

どうしたらここから抜け出せるのか

YouTube動画を見たり、本を読んで情報を集めまくりました。

でも、

なかなか心がラクになる方法が見つかりませんでした。

そもそも、なぜそんなに苦しいのか。

一番の原因は自分責めだと思います。

私はADHDとADDとHSPの気があります。

忘れ物はするし、すぐ他のことが気になって一つのことを最後まで終えられません。

神経過敏になって、物事に集中できなくなります。

人にどう思われるかものすごく気になってしまったり、必要以上に傷ついてしまいます。

外に出たくない、人に会いたくない、何も楽しいことがない。

かつて楽しかったことも、楽しめなくなっていました。

そこで、心理カウンセラーの運営しているオンラインサロンに入りました。

サロンという安全な場の中で、仲間同士でお互い素直な感情や思いを出し合います。

そして、

  • 開き直って、自分を受け入れる
  • 自分の隠していたい短所をさらす

などの経験をとおして、自己肯定感があがるということでした。

でも、結局私は、そのサロンにいても、ラクになれませんでした。

逆に焦りがでて、苦しくなり、良くなる希望を見いだせずに、ひと月でやめてしまいました。

退会するときに、カウンセラーの方に「心が苦しいままなので退会したい」と話しました。

どうしても承認欲求がやめられないし、自分の良さが見つけられず自分責めがやめられないと。

するとカウンセラーの方に意外な言葉をいただきました。

「人に頼ってもいいんですよ。」と。

私には、「人に頼る」という概念がありませんでした。

自力でどうにかするのがいいとばかり思っていました。

そして、最後にこんな言葉もいただきました。

「人に厳しくなっても、自分には優しくしてあげてください。
悩む人って、人には寛大なくせに、自分には厳しかったりするから。
自分に優しくしてあげてほしい」

自分の短所をさらすことで自己承認できると聞いてサロンに入って、さらしてみました。

正直に、隠したい自分をさらしましたが、全然自己肯定感が上がりませんでした。

それどころか、サロンの人たちにフォローしてもらうことで、私は更に人に慰めてほしいという欲求がでてきました。

心が苦しいままでした。

でも、「自分にやさしくする」ならできそうだなと思いました。

それで、今日は「とことん、自分にやさしくする」をしてみました。

「他の人に厳しくしても、自分にやさしくする」と、心に決めて仕事をしました。

いつもなら、仕事をミスするたびに、「なんで、できないんだ」と自分に厳しい言葉を言ってました。

すると、心が委縮して、その後もミスを連発し、記憶が飛んでしまうので、どこが間違えたのか、どうすればよかったかの振り返りが出来ないんだけど、今日は自分にやさしくしたおかげで、自分責めをせずに済みました。

落ち着いて行動できたし、ミスしても「またやり直せばいいじゃん」と思えました。

他人にやさしくする以上に、自分をとことん優しくしてフォローしてあげれば、多少時間がかかってもできるんですよね。

それに、「とことん自分にやさしくする」と、人にも、やさしくできます。

人に優しくできる自分ってなんだかいいし、人との関係も良くなります。

家に帰って、こどもと話した時も、やさしくしてみたら、こどもも私の話に聞く耳を持ってくれる感じがしました。

自分に対して、「とことん優しくする」

それと、少しでもできたら「ほめる」

この二つはめっちゃ役立つ気がします。

責めるよりずっといい。

気分がいいし、余裕や冷静さがでてくるから、物事が運びます。

もし、今、調子が悪いとか、ウツっぽいなら、

ぜひ、やってみてください。

「自分にとことん優しくする」

ラクになれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました